宴会でのメリット、宴会での三重なりの7つの気配り

三重では仕事にような幹事を身につけ勉強していくメリットよりもまだまだたくさんのメリットがあります。

例えば仕事の業務で頑張っているのに目立っていない場合は幹事になることで自分の存在をアピールできます。

幹事になったことで自分がみんなをまとめたり仕切ることが出来るので自分の存在感があると思います。

もし誰かが宴会の途中や終わりなどでべろべろに酔っている人がいたらその人のことをサポートをしなくてはならないので酔っているから助けても意味がないと思っていても次の日には誰かがきっと見ているはずなのです。

宴会や飲み会などでしかできないので誰かが見ていた時のメリットとなります。

そのためには頭で考え、体はすぐ動けるようになっていないといけません。

三重で宴会を成功させることにとり、「今後の宴会や飲み会など任せられる」

「責任感も強くお金の管理もできるから信用できる」

「頼りになる」

という印象もつき周囲に広がること間違いないと思います。

みんなに気配りをしなければなりません。

三重、宴会の中で気配りは数えきれないほどありますが7つだけおさえておけば大丈夫な気配りの仕方を紹介したいと思います。

まず1つめ三重はお店を予約する前にお店の好みや雰囲気食べ物のアレルギーなどを事前に聞いておく。

2つめは、宴会当日の乾杯の指示を決めておく。

中には幹事の人がやったり「音頭だけやって」

と頼む人もいます。

3つめは、飲み物の減りをついであげる。

つぐのが早くてもダメでへりすぎるのもよくありません。

タイミングやグラスのここら辺という目安を決めておいて入れてあげるといいでしょう。

4つめは、逆に飲み物が進んでいない場合は、無理にお酒を進めるのではなく違う飲み物を進めてみる。

5つめは、宴会当日にオーダーを取ったり食べ物の片づけは積極的にやる。

6つめは、飲み会が終わったら終わりではなくなるべく三重は次の日はいつもより早く出社し参加者みんなに一言加えた方が良い。

最後に7つめ、また宴会があるよう幹事をやったように仕事もしっかりすることだと思います。

他にもこちらにたくさんの情報が記載されています。

三重の宴会のまとめサイト